ちいさいしかわいいしぴかぴかひかるし。

meshたのしいよmesh!

meshという、どうやらちいさくてメカメカしくて可愛いものがあるらしいぞ、ということは、いろいろな人から伝え聞いておりまして。

first-flight.sony.com

そのmeshを体験できると聞いて、ちいさくてメカメカしいものが大好きなわたしは飛びつきました。夜の品川、SONY様のオフィス初訪問!

ちいさーい、かわいーい、たのしーい!

消しゴムサイズの、掌にすっぽりおさまるカラフルなよっつの「タグ」というメカ(あえてメカと書く)。iPadアプリで、このタグのカラーをもとにしたアイコンをぴょぴょいのぴょいと動かして、くっつけて、そしたらコードのひとつも書けないわたしでも、ボタンを押したら光ったり鳴ったりするアプリの完成。な、なんだこれー!

ちいさーい、かわいーい、たのしすぎるー!

ぱん、と手拍子したら、iPadのカメラが動作してシャッタを切る。しゃらんら! とタグを振れば、振動に反応して別なタグがぴかぴか光る。魔法か!(ちがいます)

このSONYさんのラボラトリ的な場所も素敵な場所だったんですが、それは後述するとして、meshたのしいよmesh! ほ、ほしい! おうちにほしい! 

ホームページビルダーとか、geocitiesとかで、ちまちまちまちま文字点滅させたり、していた、あの時代からまだ全然そんなに経過していない気がするのに、夜な夜なIRCでおにーさんたちに、文字の色が変わらないようバカバカfontタグ閉じてないだろ! とか叱られていた時代から、全然心は育ってない気がするのに、ぴょいって指で画面に触れたら、可愛いメカ(あえてメカと書く!)光ったり鳴ったりモノを動かしたりすることのできる時代になってるよー。な、なんじゃこりゃー。

おばちゃん、すごい感動した。思わず若いころのノリで日記書いた。後悔はしていない。